パパ募集

パパ募集っていうか、自分はオヤジ専なんだよねー。
昔からそうなの。親父世代の人じゃないと、ダメ。
で、そういう人と付き合おうとすると、なんか、逆に遊ばれてしまうだけで、傷ついてばっかりでさ。
逆にパパ募集って形の方が、大事にしてもらえるって気付いて。
ゲイ専用のパパ募集掲示板にはよく出入りしてるよ。
たいてい、その世代の人は結婚してたり、結婚歴があったりする人が多いんだけど、今付き合ってるパパは、もうずっと一人でやってきたって人。
だから、家事なんかもすごい一人でやってるし、生活力もある人なんだよね。
女性からもモテるみたい。もう50過ぎてる人なんだけど。
最初はパパ募集ってことだったから、自分もお金目当てですって顔してたよ。
アラサーのパパ活
今までのパターンだと、俺が親父専だってバレると、逆に引かれちゃうことが多かったからね。
ああいう人たちって警戒心が強いから、「自分みたいなゲイの親父が若い子と、、、なんて無理!」って心の扉にロックかけちゃうんだよね。
全然そんなことないのに。
そりゃ、お互い少数派として生きて行ってるんだから、色々あるよ。簡単には他人に心を許せないのはゲイなら誰でもそうでしょ?
普通の生き方じゃないから、普通の何倍も傷ついてる。そういうの分かってるから、距離感の取り方なんかも人一倍気を使ってるよね。
だから、パパ募集って肩書があった方が、安心みたい。
「お金があるうちは大丈夫」って安心してもらえるからね。
これで感情だけ性欲だけで関係を続けようとしたら、お互い息苦しくなると思う。
パパ募集
パパ募集